健康経営

CSR

健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)に認定

株式会社ジャイロは、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する健康経営優良法人認定制度において、2019年2月21日、「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」に認定されました。

「健康経営」とは
従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。
企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

関連リンク

経済産業省(健康経営の推進)

日本健康会議

健康優良企業(銀の認定)を取得

株式会社ジャイロは、健康保険組合連合会東京連合会に「健康企業宣言」を行い、 次の通り積極的な健康経営への取り組みを実施、 2018年8月2日付で「健康優良企業(銀の認定証)」を取得いたしました。(健銀第383号)
今後も、更なる健康促進への取り組みに努めてまいります。

1.健診の受診率100%
2.健診結果の活用
3.職場の健康づくり環境の整備
4.「食」への取り組み
5.「運動」への取り組み
6.「禁煙」への取り組み
7.「心の健康」への取り組み

関連リンク

健康保険組合連合会東京連合会(健康企業宣言参加企業一覧)

関東ITソフトウェア健康保険組合(健康企業宣言参加事業所一覧)

健康企業宣言「宣言の証」を取得

株式会社ジャイロは、2017年11月1日付で健康保険組合連合会東京連合会に「健康企業宣言」を行い、働きやすい職場環境づくりや従業員の健康問題に取組んでおります。(登録番号 健第100806号)

健康企業宣言とは、企業全体で健康づくりに取組むことを宣言し、その取組みのサポートを健康保険組合と健康保険組合連合東京連合会が共同で行なうものです。

「健康プラス」に掲載

株式会社ジャイロは、健康保持・増進のための各種健康診断、生活習慣病対策、健康セミナーなどの施策に積極的に取り組み、健康プラスに「健康経営実施企業」として掲載されました。

関連リンク

健康経営(健康経営「実施」企業のご紹介)